ぶら下がり健康器 改良強化版!懸垂マシン おすすめ5選

懸垂マシン 健康器具

健康ブームにより火付け役となったぶら下がり健康器ですが、最近は筋トレブームにより懸垂をする人も増えてきています。

正直、ぶら下がり健康器はストレッチをするには良いのですが懸垂が出来にくくグラグラするのがデメリットです。

最近はそういった悩みを解決するべく各メーカーからぶら下がり健康器で懸垂もできる改良強化版が続々販売されています。

どのメーカーでどの点を重点において購入すればいいかわからないと思いますのでご自身の目的と合わせて選んでみてください。

そこで今回はぶら下がり健康器 改良強化版!懸垂マシンおすすめ5選について解説させて頂きます。

 

1.従来のぶら下がり健康器で懸垂が出来ない理由とは?

ぶら下がり健康器はぶら下がりストレッチが主な目的の為、軽量化されていることが多いです。さらに懸垂が出来る仕様にはなっていません。

ぶら下がり健康器で懸垂をしようとするとグラグラしたり不安定の為、非常に危険です。

懸垂が出来ない理由はぶら下がり健康器にも原因があるかもしれません。

ぶら下がり健康器で懸垂が出来ない理由とは?!【読めばわかる!】でも詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

2.ぶら下がり健康器の改良強化版のメリット

最近グラグラせずに安定感のあるぶら下がり健康器の改良強化版が販売されています。

ぶら下がり健康器の改良強化版のメリットですが。、ぶら下がりストレッチをすることはもちろんですが安定して懸垂もできるように改良強化されています。

  • 高さ調整が従来よりさらに細かく調整できる
  • 身長の高い人も対応できるようにさらに高い高さまで調整が出来る
  • 耐体重が130kg近く対応できるマシンもある
  • パイプが太くなって安定感があるようになった
  • 土台も改良され安定感があるようになっている
  • 懸垂も出来るように安定感がある
  • グリップの位置や角度など調整ができるように取り付けがある

などなどメーカーによって差はありますがこれらが改良強化されています。

3.ぶら下がり健康器 懸垂も出来る改良強化版 おすすめ5選

改良強化版のメリットを解説させて頂きました。ここからはぶら下がり健康器で懸垂も出来る改良強化版おすすめを紹介していきます。

①軽量を重視する方向け

軽量化を重視したい方でぶら下がり健康器と懸垂を簡易的に行いたい方向けです。

あまり大きく反動をつけずに行うことが大切です。

ぶら下がり健康器として、懸垂として行うにはちょうど良いです。

腹筋やディップス用の腰パッド腕パッドがついていませんので、腹筋や腕立て、ディップスは完全に自重トレーニングとなるので他のマシンと比較して難度が高くなります。

価格も,000円台で圧倒的に安く、ぶら下がり健康器を初めて自宅で購入する、懸垂を練習してみたい、軽く体を動かすのにちょうどいいという方におススメです。

②安定感、トレーニング種目、頑丈さを重視する方向け

正直言うと、私は一番、このTOP FILMの懸垂マシンがイチオシです。懸垂マシンとしてもマルチジムとしてもかなり一押しです!

家庭用としては、安定感や使い勝手など他のマシン(機種)に比べてズバ抜けています。

懸垂バーの位置、肘や腰パッドの位置や大きさ、腕立ての位置や角度・高さ、そして奥行きがある最もトレーニングしやすい大きさになっています。

奥行きを意外と重視されない方も多いのですが、奥行きや幅はかなり大事で懸垂や腹筋など行う場合に体が揺れて狭いと動きにくくなるので、ある程度の奥行きや幅が本来は大切です。

懸垂の人気ランキングとしては10位以内で購入者が少ないのが残念ですが、レビューとしては満足されている方が多いのが特徴のマシンです。購入すれば良さがわかるマシンだと思います。

場所や部屋に余裕がある、またはどうせ運動するなら本格的に専門的に、安定感のある質の高いトレーニングを求めている方に超おススメです。

③高さ・肘パッド・腰パッドなど細かい調整を重視する方向け

高さ・肘パッド・腰パッドなど細かく調整が出来るようになっています。

高さに関しては驚きの14段階234㎝まで調整できます。肘や腰パッド位置も調整が出来るのは他の機種に比べ珍しいです。自分の体型に合わせて出来るのが良いところですね。

さらにプルアップグリップ搭載で握力を鍛える事が出来ます。

奥行きは1m弱であまりなく場所を取りませんので部屋の空きスペースでも大丈夫です。

ぶら下がり健康器として、懸垂マシンとしてやその他腹筋や大胸筋などマルチジムとして使うにはコストパフォーマンスが高い商品だと思います。

④土台安定、コストパフォーマンスを重視する方向け

ぶら下がり健康器、懸垂、腕立て、腹筋、ディップスなど行う方にはかなり安定しているマシンです。
土台も安定する作りになっていて荷体重150㌔まで対応できます。

懸垂は体重そのものの重りだけでなく少なからず動作を行う時に体重以上の重さが懸垂マシンにかかってしまいます。
荷体重100㌔と表示されていても体重70kgの方が懸垂をしてもグラグラするのはその為です。

安定感のあるマシンでさらに1万円台でマルチに鍛えることができるコストパフォーマンスに優れた一台です。

⑤懸垂補助チューブ付き:女性や懸垂が出来るようになりたい方向け

懸垂補助チューブ付きという超珍しいマシンです。

私も補助チューブで懸垂の練習をしたことがあるのですがチューブがあると懸垂が苦手な方も比較的簡単にやりやすいと思います。
ぶら下がり健康器、懸垂、腕立て、腹筋、ディップスなど行う方にはかなり安定しているマシンです。
土台も安定する作りになっていて荷体重150㌔まで対応できます。
チューブは懸垂のみならず腕や肩などの筋トレにも使えますので全身運動を自宅でするにもちょうど良いです。

4.まとめ

改良強化版は懸垂がしやすいように安定感がさらに強化されています。

ぶら下がり健康器として併用することでストレッチと筋トレが両方できますので偏りなく行うことができます。

今回はぶら下がり健康器 改良強化版!懸垂マシンおすすめ5選について解説させて頂きました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメント